居抜き物件の基本的知識

居抜き物件と言いますのは、前テナントが用いていた造作や設備あるいは什器等が付属した状態の物件ということを指します。普通ですと実際の店舗のケースでは、借主は自身にて物件に付けたものを余すところなく撤収しそして、物件を何一つない空の状況に回復して貸主に対して返さなければなりません。しかしながら、仮に貸主の合意を得ることができれば、借主は室内装飾や設備をそのままにしたままに、跡継ぎに引渡すことが可能なようになります。以上のような物件の引渡し手段を居抜きと言い、居抜きで渡される物件のことを居抜き物件と言っています。実際の店舗を出したい人の利点としまして、最少の工事であるとか設備投資によって間にあうことから、初期にかかる費用を安くする事ができます。考えている以上に早い段階で出店ができるということがあります。

居抜き物件の持つ魅力

近ごろ、飲食店舗の物件について探すとき居抜きというフレーズをたくさんみかけるかと言えます。居抜き物件と言いますのは、テナントを退店するケースで、内装の造作、さらに什器備品等を新規の借主が継げる物件のことを指します。不動産屋の関係資料には造作譲渡と記載されているケースがたくさんあるといえます。居抜き物件については内装がそっくりそのまま残っていることから、アドバンテージと類推する声も多いようですが、言うまでも無く魅力もあれば気を付けておきたい点もあります。売主の利点としまして、まず原状回復にかかるコストを免れることができます。そして、引渡しの間際まで仕事が出来ます。また、買主の魅力としまして、初期の段階で掛かってくる投資資金を安くすることが出来ます。初期の段階で掛かってくる投資資金が安価に抑えることが可能ということは、損益分岐点についても低くなります。また、短い間で即オープンでき前の実際の店舗の見込み客も取り込めます。

何でも揃っている居抜き物件がイイ

飲食店などの商業用不動産ならば、普通の物件を探すほかに、居抜き物件をあたってみるという方法もあります。これは既に営業していた店舗が何らかの理由で、お店の建物だけでなく、内装から厨房機器、飲食店として必要な備品の数々、既存の顧客からアルバイトの従業員まで、丸ごと売主からあなたの賃貸物件として買い受ける事ができるという物件です。既にその場所で何年か商売をしていたわけですから知名度もありますし、何よりも早く事業を開始できるというメリットがあります。ビジネスを一刻も開始させたいという方にはとても便利な方法です。居抜き物件を買うことによって初期設備投資代がかなり節約されますから、その分少しよい立地にしたり、もしくは将来の投資代として使えるでしょう。商業用不動産を扱う不動産会社ならば、様々な居抜き物件を知っていますから、物件をお探しのときには一言居抜きが希望と伝えておくことがベターです。