居抜き物件のあらゆるメリット

居抜き物件は飲食店や美容室などにおいて、閉店した店舗がそれまでに利用していた設備などを残したままとなっている物件のことを言います。居抜き物件は店舗を閉めたい人と店舗をオープンしたい人だけでなくその物件を所有しているオーナーにもメリットがあります。まず店舗を閉める際、一般的には原状回復をした上で撤退しなければなりません。そうすると内装を解体したり、家具や備品などを処分する費用がかかります。しかし居抜き状態で撤退すればこれらの費用を削減することが可能です。また店舗をオープンする場合にはそれまでに使用されていた内装や水回り、さらにテーブルや椅子を再び使用することで初期費用を大幅に削減することができます。加えて工事期間が短縮できるため空白期間の家賃を抑えられたり、少しでも早くオープンすることで多くの収入を得ることにも繋がります。そして物件を所有するオーナー側は空き物件を所有しなくて済むので家賃収入が見込め、原状回復の際に生じうるトラブルを回避できます。

居抜き物件を選ぶメリット

居抜き物件というと、あまり耳慣れない言葉だと感じる方もあるかもしれませんが、これはどのようなものかというと、一般的な不動産物件とは違い、予め設備や備品などが備え付けられているタイプのものの事を指して言います。ですから、例えばお店を開くというような場合には、以前も同じように使われていた居抜き物件を借りる事にすれば、最初に何かと買い揃えるという事を防ぐ事に繋がります。例えばレストランを開店しようとしている人が、その前もレストランだった居抜き物件を借りることにより、厨房には既にオーブンや冷蔵庫などの機器が揃っているとか、お店の中には椅子やテーブルなどもそのまま残っている事もあるので、膨大な費用を掛けて全てを準備するという必要が無くなるので、予算的に厳しいという方にはお勧めのやり方と言う事が出来ます。

居抜き物件にするメリット

脱サラをして、これから自分のお店を開こうとお考えの方の中には、まずは場所を決めて不動産屋さんへ行く予定の方もあるでしょう。一般的なテナントと居抜き物件で悩んでいると言う人には、やはり居抜きのものがお勧めです。それはどうしてかというと、開店時には何かと物入りになるために、設備などが揃っている居抜き物件の場合には、それらを買いそろえたりレンタルをするという必要が無いからです。物品などを買うために検討したりする時間も節約出来ますし、色々と探し回って疲れてしまう事も無いので開店準備で忙しい時期にも大助かりと言う事になります。また居抜き物件の場合には、前にもその場所に自分の開店するタイプのお店があった可能性も高いので、それまでの常連さんなどがすぐにお店に来てくれるという事も少なく無いというメリットがあります。