居抜き物件のメリット

居抜き物件とは、以前飲食業をしていたテナントに飲食業を構えるように、形態を活かしてコストの削減が出来る物件を指します。新たに飲食店のテナントを構える場合は、配管や空調などを設置する必要があるので、設備にかかるコストが高くなります。しかし、すでに設備が設置してあるなら、そのコストがかからないので出店しやすくなります。内装など他の項目に費用を使えることからメリットが大きいと注目されるようになりました。完全にオリジナルの店を作ることは難しいですが、当初予算が少ない場合でも挑戦できるのが特徴です。契約によっては原状回復費用が掛かる場合もありますし、設備が古い場合は経年による劣化の可能性があるので、コスト軽減率は下がると考えて良いでしょう。物件状況を確認しながら、理想的な居抜き物件を選ぶことが可能です。

居抜き物件とよさというものは

居抜き物件は、利用の工夫次第では開店のための費用を大規模に安くするということが可能となっているため、うまく利用しお店をオープンしている企業も多くあります。居抜きの物件のよさには、飲食店と利用していた店舗であれば、何もない状態から調理台を設置したり、調理を行うための道具などを用意するということにはとてもお金がかかってしまったり、開店までの時間がかかってしまったりということがありますが、居抜きであれば簡単な工事や道具を用意するだけですぐにお店をオープンさせることができたり、中にはほとんど手をつけなくてもすぐにお店をオープンさせることができる物件もあるので、費用をかけることなくお店の開店をすることができるというメリットもあります。しかし、居抜きの物件の場合には、居抜きを探している人が多いため、居抜きの物件が貸しや売りに出されたとしてもすぐに入居者が決まってしまうという特徴があるため、なかなかタイミングよく見つけることができないということがあったり、場合によっては居抜きの物件であっても、逆にお金がかかってしまう物件もあるため注意が必要です。

居抜き物件を利用するメリット

以前から使用していた基本的な状態での引き続きの使用をする、居抜き物件のメリットは多々あります。内装等の店舗の設備を、そのまま利用することができる事や、以前のお店が契約していた業者を利用することで、新たにお店を始める際に、スムーズに事が進むので新たなお店のスタートがしやすく成ります。居抜き物件は、基本的には以前のお店と同じ業種で新たなお店をスタートする事が多いので、以前のお店を利用していた、お客様を引き続き来店して、いただける事も有るので、大きなメリットの一つとして考えられます。そして居抜き物件での最大のメリットとして考えられるのが、お店を始める際のコストが抑えられることです。お店の電気や水道等を含めた大掛かりな内装工事を行ってお店を改装する訳ではないので、コストの大きな削減が可能なので小資金でお店を始める事が可能に成ります。