居抜き物件に関するあれこれ

将来の夢を叶えるためや脱サラなどによって、独立を検討することがあります。その際自身の店舗を持ちたいと考えるのは当然のことですが、どうしても予算などの問題から賃貸にしたり、場合によっては妥協して物件の購入を行う人も少なくありません。そんな事態を避けるために是非利用していただきたいのが居抜き物件と呼ばれる物件です。これは以前の入居者の設備や備品をそのまま利用できる物件のことで、新たに設備投資を行うよりも遥かに安い金額で購入できるのが特徴です。また立地条件に優れた物件も多く、様々な用途で活用しやすいのも魅力です。ただし注意点として、レイアウトを変えるためにはリフォームなどが必要となる場合が多く、希望する内装がある場合は購入自体について考えなおさなければならないこともあります。メリットだけでなくデメリットにもしっかり目を向け、居抜き物件の購入を行うことが重要です。

居抜き物件を選ぶポイント

居抜き物件は店舗の新規開店をする時に営業をするまでにかかる費用や時間を減らせるため、新しい場所に新たな拠点として考えると効果的です。店舗物件の選び方は場所によって家賃が異なり、一等地などの地価が高い場所は高くなるため需要が見込める場所を探して利益を出せるように決める必要があります。居抜き物件を選ぶメリットは事前に設備が整っているため営業を開始できるまでにかかる工事をする手間がかからずにすみ、出店費用を減らせることです。店舗の出店を考える時はかかる費用をなるべく減らし時間を短縮すると売上を伸ばしやすく、需要が見込める場所を探して今後の段取りを決めると効果を出せます。居抜き物件を選ぶポイントは周辺の状況を確かめて多くの利用者を見込める場所を選び、設備の設置状況を確かめて開店をするための準備をする期間を短縮し出費を減らせるように決めることです。

初期投資を安く済ませたいなら居抜き物件

飲食店を開くことは、それほど難しいことではありません。調理師の資格が必要なわけではないですから、腕に自信がある人ならチャレンジすることができます。一番の問題は資金です。初期投資にお金がかかるので、そのお金をどのようにして工面するかが問題になってきます。一番お金がかかるのが、内装費です。水道やガスの工事だけでも、かなりお金がかかります。床や壁も、きれいにデザインしなければなりません。お客様を招いて食事を提供するわけですから、清潔感が大事です。椅子やテーブルといった備品も必要ですし、冷蔵庫やクーラーなどの家電製品も必要になってきます。クーラーはなくても大丈夫な所もあるでしょうが、空調管理は非常に大切です。あった方がいいでしょう。初期投資にお金がかかるからあきらめる人も多いかもしれませんが、居抜き物件を活用すれば安く済みます。居抜き物件とは、前に営業していたお店の内装や備品を使うことができる物件のことです。